11. キャプチャ

MicroStudio UserManual

11.1静止画をキャプチャ

プレビューの最中であればいつでも“キャプチャ>静止画をキャプチャ”より静止画を撮影できます。
撮影された静止画は新しいタブとして表示されます。静止画タブ選択中に“キャプチャ>静止画をキャプチャ”メニューは使用できないので、新たな静止画をキャプチャする場合はプレビュータブをもう一度開く必要があります。

a)カメラサイドバーの静止画ボタンはプレビュータブを選択中でなくとも操作できます。すばやく何枚もの静止画を撮影したい場合はこの静止画ボタンを使用してください。
b)“キャプチャ>静止画をキャプチャ”メニューはプレビュータブ選択時しか操作できません。
c)プレビュー解像度と静止画解像度が異なる場合、キャプチャ操作時に解像度を切り替える必要があります。切り替えに時間を要するため解像度が同じ場合よりキャプチャ完了まで時間がかかります。

11.2タイムラプス

静止画を継続的に、指定した時間おきに撮影するための機能です。撮影時間間隔は1~3600秒おきに設定可能で、撮影する枚数を1~99999枚の間で設定できます。
メニューバーの“キャプチャ>タイムラプス撮影“を選択すると以下のようなダイアログが表示されます。”OK“を選択するとキャプチャを開始します。

○保存先:保存先のフォルダをブラウズタブから指定できます。
○ファイル:ファイル名の命名則とプレフィックス、フォーマットを指定できます。指定した法則に従ったサンプル名が表示されます。
○キャプチャ時間間隔(秒):撮影間の秒数を1~3600秒の間で設定可能です。
○撮影枚数:撮影する枚数を指定します。1~99999枚の間で設定可能です。指定した枚数をキャプチャした後キャプチャを終了します。撮影枚数チェックボックスを選択しない場合、“キャプチャ>タイムラプスを停止します。”を選択するまで画像をキャプチャし続けます。
キャプチャ開始後は“キャプチャ>タイムラプス撮影”が“キャプチャ>タイムラプスを停止します。”に変化します。規定の枚数に達する前にキャプチャを停止する場合は“キャプチャ>タイムラプス停止します。”を選択します。

キャプチャした画像は jpg, png, tif のいずれかのフォーマット形式で保存可能です。保存の際のオプション設定に関しては“ファイル>名前をつけて保存”を参照してください。

撮影時間間隔や画像データのファイルサイズなどの設定条件によっては、設定した時間通りの規則的なタイムラプス撮影ができない場合があります。これは撮影画像をストレージに書き込む際に時間を要することが原因です。この問題を回避・軽減するためには、以下の点にご配慮ください。
・高速書き込みが可能なストレージを使用してください。(例えばSSD(Solid-state driver)など)
・撮影時間間隔を長めに設定してください。
・ファイルサイズを小さくするために、低解像度で撮影したり、png, tifよりもファイルサイズが小さいjpg形式で撮影してください。

タイムスタンプ機能の使用
“オプション>設定>その他”のタイムスタンプ機能にチェックを入れた状態でタイムラプス撮影を行うと、キャプチャ画像と同一フォルダにテキストファイル(timestamp.txt)が生成され、撮影時間を記録します。

なお、記録されるのは絶対時間ではなく相対時間で表現されます(単位:µs※マイクロ秒)。
例)以下画像の場合、0001.tifが38408640µsのタイミングで撮影され、0002.tifは169453µs後の38578093µsのタイミングで撮影された、ということになります。

※タイムスタンプ機能はカメラ機種がタイムラプス撮影に対応している場合にのみ使用可能です。

11.3録画を開始(R)

カメラからの動画を録画開始する方法は以下の3通りがあります。
a)“キャプチャ>録画を開始します(R)”をクリック
b)カメラサイドバーの”録画”ボタン(ms_01160.jpg)を選択
c)F9ショートカットキー。

以下のような録画ダイアログが表示されます。

1.動画ファイルの名前を入力してください。と書かれたボックスに録画した動画のファイル名を入力します。2. 動画ファイルのフォルダを選択します。というボックスで動画の保存先を指定します。次> を選択すると以下のダイアログが表示されます。

ここでは動画のフォーマットをwmv/H264/H265/aviより指定します。推奨されるフォーマットはwmvまたはH264です。指定が完了したら次へ>を選択します。

2. エンコーダダイアログが表示されます。ここではエンコーダのビットレート(デフォルトのビットレートに%を掛けた値が適用されます)、品質(1-100)、使用するエンコーダを指定します。
指定が完了したら次へ>を選択します。

3. ディスプレイ情報ダイアログが表示されます。ここではタイトル、作者、著作権、説明などの動画ファイルに添付される情報を入力します。指定が完了したら次へ>を選択します。

4. 録画開始ダイアログが表示されます。ここでは録画する際の時間上限(秒)、タイムラプスを指定できます。ダイアログ下部のサマリボックスには今まで指定した動画のフォーマットや添付情報などがまとめて表示されます。指定を終了し動画キャプチャを開始するには終了を選択します。

5. 動画キャプチャが開始するとカメラサイドバーの録画ボタンが録画停止ボタンに変化します。録画開始ダイアログで指定した時間上限より前に録画を止める場合は録画停止ボタンを選択します。録画停止後は録画停止ボタンが録画ボタンに戻ります。
6. 録画した動画を閲覧するには“ファイル>動画を開く”を選択します。

※“16.1.2クイック録画”機能を使用する事で、上記のダイアログをスキップして動画を撮影する事も可能です。

タイムラプス録画
録画ダイアログの下記画面で、ライムラプス録画の設定が出来ます。
フレーム数・時間ともに設定可能な上限値は600です。
フレームレートの項目では、動画再生フレームレートをあらかじめ設定します。初期設定はx1に設定されています。

11.4ブロードキャストを開始

“キャプチャ>ブロードキャストを開始”は、イントラネット内の別のコンピュータへプレビュー像を共有する際に使用します。
※共有できるコンピュータの数に制限はありませんが、多くのコンピュータへプレビュー像を共有することで像の遅延等が顕著に表れる可能性があります。

1.“キャプチャ>ブロードキャストを開始”を選択するとブロードキャストのパラメタダイアログが表示されます。ブロードキャストに使用するポートを選択します。同時に内容をファイルに保存チェックボックスを選択するとブロードキャストした内容を同時に動画ファイルとして保存します。指定が完了したら次へ>を選択します。

2. エンコーダダイアログではブロードキャストに使用するエンコーダの設定をします。“キャプチャ>録画を開始”で表示されるダイアログと同様にエンコーダのフォーマット、ビットレート(Kbps, 256-16384)、 画質(1-100)、キーフレーム間隔(1-30)を指定することができます。指定が完了したら次へ>を選択します。

顕微鏡用スタンダードUSB3.0デジタルカメラ|WRAYCAM-EL|レイマー顕微鏡オンラインショップ
コストパフォーマンスに優れた明視野観察用顕微鏡カメラ「WRAYCAM-EL」です。最大解像度310万画素、USB3.0インターフェースに完全対応したスタンダードカラーデジタルカメラです。顕微鏡・関連用品はレイマー顕微鏡オンラインショップ
顕微鏡 顕微鏡用カメラ

コメント