3. 静止画タブ

MicroStudio UserManual

撮影した静止画をMicroStudioで開いた(静止画タブを開いた)際の画面表示について解説します。

3.1 静止画 タブ

静止画タブを開いた際の画面表示や各メニューについては以下のとおりです。

  • A:MicroStudio ウィンドウ
  • B:「C」右クリック時のメニュー
  • C:開いているファイルの名前とディレクトリ(保存済のファイルの場合)
  • D:保存済ファイルのプロパティ
  • E:表示中の画像の解像度
  • F:画像寸法
  • G:ズーム倍率(ダブルクリックで100%)
  • H:「G」右クリック時のメニュー
  • I:画像に適用中の長さの単位
  • J:測定ダイアログ
  • K:画像BPP(ビットあたりピクセル)/解像度
  • L:解像度設定ダイアログ(「N」をダブルクリックで表示)
  • M:「単位」右クリック時のメニュー

3.2 静止画タブを閉じる

静止画タブの×、メニューバー「タブ」>「すべて閉じる」などの操作で表示中の静止画タブを閉じられます。
編集を行った静止画タブの場合、タブを閉じる際に以下のダイアログが表示されます。

  • はい:同じ名称で画像を上書き保存し、タブを閉じます。
  • いいえ:ファイルを保存せずにタブを閉じます。
  • キャンセル:保存操作をキャンセルし、タブを表示したままにします。

未保存の静止画タブ(静止画ボタンで撮影したもの)の場合も、タブを閉じる際に同様のダイアログが表示されます。その際の各コマンドの動作は以下のとおりです。

  • はい:「名前を付けて保存」ダイアログが開きます(後述)。
  • いいえ:ファイルを保存せずにタブを閉じます。
  • キャンセル:保存操作をキャンセルし、タブを表示したままにします。

3.3 「名前を付けて保存」ダイアログ

未保存の静止画タブを閉じる際や、ファイルメニューから「名前を付けて保存」を選択した際に表示されます。
任意のフォルダを選択し、任意の名称・形式でファイルを保存できます。

  • ファイル名:任意の名称で保存できます。ただし、Windowsのシステム上制限されている文字(: \ / ?など)は使用できません。
  • ファイルの種類:任意の画像保存形式を選択できます。
  • 保存:設定したファイル名・種類・保存先に保存します。
  • キャンセル:保存操作をキャンセルします。
  • オプション:画像の圧縮率等の設定ダイアログを開きます(選択したファイルの種類によっては使用できません)

※「名前を付けて保存」ダイアログの詳細説明は「6.5名前をつけて保存」をご覧ください。

 

https://www.wraymer.com/camera/wraycam-noa.html

顕微鏡 顕微鏡用カメラ

コメント