10. 設定

MicroStudio UserManual

10.1スタート/一時停止(U)

動画タブに表示されている動画を再生中に“設定>スタート/一時停止”を選択すると動画を一時停止します。もう一度再生を始めるには“スタート/一時停止”をもう一度選択します。

10.2カメラの属性(V)…Shift+V

接続されているカメラのプロパティを確認するには“設定>カメラの属性”を選択します。以下のようなダイアログが表示されます。

ダイアログに表示される項目は以下のとおりです。
デバイス名:接続されているカメラのモデル名を表示します
カメラID:カメラ固有の認識番号を表示します
製造年月日:カメラの製造年月日を表示します
ハードウェアバージョン:カメラ本体のハードウェアバージョンを表示します
ファームウェアバージョン:カメラ本体のファームウェアバージョンを表示します
FPGAバージョン:カメラ本体のFPGAバージョンを表示します
静止画キャプチャ:カメラデバイスが静止画キャプチャに対応しているかを表示します
静止画の幅:キャプチャされる静止画の幅(ピクセル) を表示します
静止画の高さ:キャプチャされる静止画の高さ(ピクセル) を表示します
ビデオの幅:表示される動画の幅(ピクセル) を表示します
ビデオの高さ:表示される動画の高さ(ピクセル) を表示します
時間(秒):プレビューの開始から経過した秒数を表示します
フレーム:プレビューの開始から撮られたフレーム数を表示します
実際のフレームレート:プレビューのフレームレート(フレームを時間で割った値) を表示します

※静止画の解像度をプレビュー/動画解像度と別の設定することで、低解像度(高フレームレート)のプレビューを取得しながら高解像度の静止画撮影を行えます。

10.3オーバレイ

“設定>ビデオ・オーバレイ”コマンドを選択するとオーバレイダイアログが表示されます。ダイアログには左側に2つのタブ、オーバレイとマーカーが表示されています。

10.3.1オーバレイ

オーバレイタブを選択すると、画像の縮尺、倍率、日時、フォーカスアシストをそれぞれプレビュー像に重ねて表示できます。ページ上部にあるメニューからこれの項目が表示される位置、背景、フォントを選択できます。

OKを選択すると選択した項目がプレビュー像の上に重ねて表示されます。

フォーカスアシストは、フォーカスの合いをリアルタイムに数値化して表示します。数値が高いほどフォーカスが合っていることを意味します。

10.3.2マーカー

マーカータブを選択すると以下のようなダイアログが表示されます。

マーカーの種類は以下の項目から選択できます。
・なし
・十字
・長方形
・円
・十字+長方形
・十字+円
十字+長方形を選択すると以下のような形のマーカーがダイアログに表示されます。

十字+長方形を構成する十字と長方形については、以下の値を任意に設定できます。
・十字の幅 (%)
・十字の高さ (%)
・長方形の幅 (%)
・長方形の高さ (%)
・xのオフセット (%)
・yのオフセット (%)
・色

パラメータ設定後にOKを選択すると、マーカーがプレビュー上に重ねて表示されます。

ダイアログ表示中にキャンセルを押すとマーカーの設定をキャンセルします。ダイアログが表示されたままマーカーの形を編集したい場合は適用を選択します。

10.4重ね合わせ

プレビュー画像の上に保存済みの画像を重ね合わせて表示できます。
例えば、図1に顕微鏡下で見たミクロメーターの写真があります。このミクロメーターの黒色の部分を抽出し、画像の上に重ねることが可能です。

1.“キャプチャ>静止画をキャプチャ”を選択するかをクリックしてミクロメーターの静止画をキャプチャします。
2.“プロセス>バイナリ”を選択し、図2のようなバイナリ化された画像を抽出します。

3.“画像>調整>色反転”を選択し、画像の色を反転させます。さらに画像>カラー量子化を選択し画像を図3で示したような24bitフォーマットに変換します。ファイル>名前をつけて保存から画像を24 bit BMPフォーマットで保存します(図3)。

4.“設定>重ね合わせ”を選択すると図4のような重ね合わせダイアログが表示されます。…ボタンを選択し、3で保存した画像を読み込みます。透明度はデフォルトでは50%に設定されています。重ね合わせに問題がなければOKを選択。図5のように透かしが表示されます。

 

10.5重ね合わせの移動

“設定>重ね合わせを平行移動します>移動…”を選択すると以下のような重ね合わせの移動ダイアログが表示されます。
xとyのオフセットを入力することで重ね合わせを指定されたピクセル数だけ中心から移動することができます。

が平行移動した状態で表示されている場合“設定>重ね合わせを平行移動します>移動の取消“から回転を取り消すことができます。

10.6重ね合わせの回転

“設定>重ね合わせを回転します>回転…”を選択すると以下のようなダイアログが表示されます。このダイアログでは角度を入力することで透かしを中心から指定した角度だけ回転した状態で表示することができます。

重ね合わせが回転した状態で表示されている場合、“設定>重ね合わせを回転します>回転の取消”から回転を取り消すことができます。

10.7グレー校正

グレー校正は、プレビュー像の明るさを数値として表示します。日をまたいで実験を行う際などにあらかじめグレー校正値を記録しておくと、顕微鏡の光量の再現性が得られるため、常に同じ明るさで撮影が出来ます。

1. カメラサイドバーの露出時間/ゲインを展開し、自動露出を解除します。
2. “設定>グレー校正”を選択するとグレー校正ダイアログが表示され、現在選択されている範囲の平均グレー値を表示します。選択範囲は移動や拡大・縮小ができます。希望の平均グレー値が得られるように調整が完了したらOKを選択してダイアログを閉じます。

 

顕微鏡用カメラ|レイマー顕微鏡オンラインショップ
顕微鏡用カメラをお探しならレイマーにお任せ下さい。専用に設計された顕微鏡用カメラ(カラーCMOS、高速・高感度sCMOS、冷却CCD、アナログCCD等)を販売しております。
顕微鏡 顕微鏡用カメラ

コメント