14. ソフトウェア更新履歴

Spectman UserManual

◆Spectman 1.0(Windows版) (2017.12.1)

・Spectman 1.0 をリリースしました。

 

◆Spectman 1.1(Windows版) (2018.5.14)

・Spectman 1.1 をリリースしました。

・初回起動時「キャプチャ/解像度」以外のパネルを全て閉じるように修正しました。

・全てのカメラにおいて、録画時間と再生時間が一致しない問題を修正しました。

・WRAYCAM-NOA630、VEX230Mにおいて、録画中にプレビュー像がフリックする問題を修正しました。

・WRAYCAM-VEX120において、解像度を640 x 480設定し、ソフトウェアを再起動すると、解像度の表示は640 x 480のままでも実際のプレビュー解像度が1280 x 960に設定される問題を修正しました。あ

・WRAYCAM-VEX230Mにおいて、稀に静止画ボタンをクリックしても静止画が撮影されない問題を修正しました。

・WRAYCAM-EL310のカメラ名がソフトウェア上でWRAYCAM-EL300と表示されていた問題を修正しました。

 

◆Spectman 1.2(Windows版) (2018.8.6)

・Spectman 1.2 をリリースしました。

・Windows7において、Spectmanインストール時にカメラ用ドライバがインストールされない問題を
改善しました。

 

◆Spectman 1.0(Mac版) (2017.12.1)

・Spectman 1.0 をリリースしました。

 

◆Spectman 1.1(Mac版) (2018.5.14)

・Spectman 1.1 をリリースしました。

・推奨動作OSを「Mac OS X 10.10 以降 (Yosemite /El Capitan/Sierra)」に変更しました。

・初回起動時「キャプチャ/解像度」以外のパネルを全て閉じるように修正しました。

・全てのカメラにおいて、稀に自動露出が正しく機能しない問題を修正しました。

・全てのカメラにおいて、録画時間と再生時間が一致しない問題を修正しました。

・全てのカメラにおいて、動画の品質を改良しました。

・全てのカメラにおいて撮影した静止画が上下反転してしまう問題を修正しました。

・以下のカメラにおいて、高解像度設定時にソフトウェアの動作が重くなる問題を修正しました。
-WRAYCAM-NOA2000
-WRAYCAM-NOA630
-WRAYCAM-VEX120

・WRAYCAM-NOA2000において、解像度5440×3648で録画ができない問題を修正。

・WRAYCAM-VEX120において、解像度を640 x 480に設定し、撮影した動画が再生できない問題を修正しました。

・WRAYCAM-VEX120において、解像度を640 x 480設定し、ソフトウェアを再起動すると、解像度の表示は640 x 480のままでも実際のプレビュー解像度が1280 x 960に設定される問題を修正しました。

・WRAYCAM-VEX230Mにおいて、稀に静止画ボタンをクリックしても静止画が撮影されない問題を修正しました。

・WRAYCAM-EL310のカメラ名がソフトウェア上でWRAYCAM-EL300と表示される問題を修正しました。

 

◆Spectman for Windows/for Mac 2.0 (2019.9.6)

・Spectman for Windows/for Mac 2.0をリリースしました。

・Spectmanを冷却機能搭載カメラ(WRAYCAM-CIX2000、WRAYCAM-ALASKA)でもお使い頂けるようになりました。

・FLOYD-2、FLOYD-2Aに対応しています。

・計測機能が追加されました。

・ライブスティッチング機能が追加されました。

・ライブフォーカススタッキング機能が追加されました。

・タイムラプス機能が追加されました。

・自動露出モードでフリッカーレス機能が使えるようになりました(旧バージョンではマニュアル露出モードでのみ使用可能)。

・WindowsとMacの両方において動画をMP4型式で保存できるようになりました(旧バージョンの場合Windows では.WMV形式のみ)。

・自動露出のポリシー(露出時間優先・ゲイン優先)が設定できるようになりました。

◆Spectman for Windows/for Mac 2.1(2020.4.24)

・Spectman for Windows/for Mac V2.1をリリースしました。

・キャリブレーション設定時にキャリブレーションラインの移動・長さ調節が行えなくなる問題を改善しました。

・キャリブレーション設定時、解像度設定および画面表示比率正しくない場合(最大解像度かつ比率100%ではない場合)にアラート表示が出るようになりました。

・V2.0では日付(YYMMDD)でのサブフォルダが作成される設定がデフォルト値でしたが、これをサブフォルダが作成されない設定に変更しています。
※撮影したデータが意図しないサブフォルダに入ってしまい発見できない、という問題の改善を目的としています。
FLOYD-2・FLOYD-2A等を接続した際の反転機能に垂直反転を追加しました。

https://www.wraymer.com/camera/index.html

顕微鏡 顕微鏡用カメラ

コメント