【MicroStudio】.dng形式で保存したRAWデータについての注意点【WRAYCAM】

カメラに関するTIPS

一般的に静止画ファイルとして使用される.jpgや.png・.tifや.bmpは、いずれもカメラから取得した電子的データをプログラム上で処理し、人間の目で「画像」として認識できるようにしてあります。

このような処理を行っていない、カメラのイメージセンサー(撮像素子)が取得した無加工のデータをRAWデータ・RAW画像といいます。

RAWデータとは

RAWデータの概要は以下のように解説されています。

デジタル一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラ、コンパクトデジタルカメラ、一部のスマートフォンなどのデジタルカメラで記録可能な画像形式。デジタルカメラでは一般的に「写真」としてJPEG画像を生成するが、RAW画像はJPEG画像を生成する元となる「生」の画像データである。ある程度の写真知識がある(プロフェッショナル、ハイアマチュアなど)ユーザーが、露出、コントラスト、ホワイトバランス、カラーバランス、明度、彩度などの補正や加工、ノイズや歪曲など除去をパソコン上で思い通りに行ないたいという要望に応え、カメラメーカーが用意している機能のひとつ。加工と鑑賞にはRAW対応のソフトウェアが必要になる。近年はRAWに対応するソフトウェアが増えている。カメラメーカーによって記録データの内部形式がまちまちである事、およびデータ量が多くなることから、そのままでは印刷データや、不特定多数に向けた配布、鑑賞には適さない。

デジタルカメラ登場時には、本体の処理能力が劣っていたためカメラ独自のRAW画像で記録され、パソコン側でカメラ付属ソフトウェアを使いJPEGやTIFFなどのオープンな形式に変換していた。

Wikipediaより

RAWデータはデジタルカメラやソフトウェアでのデモザイク処理やレタッチ処理前のものであるため、そのままでは数値データに過ぎず、画像としては鑑賞できません。

RAWデータの使用方法

RAWデータではない画像データはソフトウェアによる自動現像処理済みのものであるため、ユーザーによっては好みの精度に仕上がらない可能性があります。

また、現像済みのデータはユーザー側でのレタッチの自由度に制限があり、大幅な調整を行おうとすると画質低下が懸念されてしまいます。

そこで前述のとおりデモザイク等の現像処理を行っていないデータであるRWデータを用いることで、ユーザーが任意の現像処理を画質低下を気にせず行えるというメリットがあります。

ただし、RAWデータの現像にはソフトウェアの採用しているアルゴリズムによって処理後の画像が大きく変化するため、基本的には使用した撮影機器メーカーが用意もしくは推奨するソフトウェアを使用することが望ましいといえます。

WRAYMER製品の場合、使用目的は上記とは異なり、画像化の際の画質や精度の追求というよりは、レタッチ前の受光強度の数値化が目的となることが大半です。そのため、弊社では別途専用の現像ソフトウェアは用意しておりません。あらかじめご了承ください。

MicroStudioで撮影したRAWファイルは、MicroStudio上で開くことで現像は可能です。

MicroStudioで撮影できるRAWデータ(.dngファイル)

MicroStudioでRAWデータを取得する場合、撮影時のフォーマットは「RAW」を選択します。

RAWを選択した状態で静止画ボタンをクリックするとRAWデータにて撮影され、名前を付けて保存ダイアログが開きます。

RAWデータ撮影時、画像はタブ表示されません。

RAWデータの保存形式は.dngファイルとなります。

.dngファイルの注意点

MicroStudioで撮影・保存されるRAWデータである.dngファイルの特性として、「ガンマ値が特定の値で固定されている」というものがあります。

これにより、RGBフォーマット選択時の静止画と比較した際に画像の印象が大きく異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

顕微鏡 顕微鏡用カメラ