WraySpectを使用した較正(キャリブレーション)の方法

カメラに関するFAQ

2020年3月現在、販売中のWRAYCAMシリーズは全て制御ソフトウェアMicroStudio・Spectmanに対応しており、サイズ情報の較正(キャリブレーション)を行うことでソフトウェア上での計測機能に対応しています。

現行機種の較正・計測等については、以下の取扱説明書をご参照ください。

過去に販売していたWRAYCAMシリーズは、あいにくMicroStudio・Spectmanには対応していませんが、前世代のWRAYCAMシリーズ(NF・NT・NEO・SR・CL)およびFLOYD・FLOYD LIGHTのWindows用ソフトウェア「WraySpect」には、現行ソフトウェアと同様に計測機能が備わっています。

本記事では、前世代WRAYCAMのWindows用制御ソフトウェア「WraySpect」における較正方法について解説していきます。

1. WraySpectが使用できるカメラ機種について

制御ソフトウェアWraySpectが使用できるカメラは、以下の機種です。

WRAYCAM-NFシリーズ WRAYCAM-NF120
WRAYCAM-NF130
WRAYCAM-NF300
WRAYCAM-NF500
WRAYCAM-NF1000
WRAYCAM-SRシリーズ WRAYCAM-SR130
WRAYCAM-SR130M
WRAYCAM-SR300
WRAYCAM-NTシリーズ WRAYCAM-NT500
WRAYCAM-NT1000
WRAYCAM-NEOシリーズ WRAYCAM-NEO1600
WRAYCAM-CLシリーズ WRAYCAM-CL500
マルチインターフェースデジタルカメラ
FLOYDシリーズ
FLOYD
FLOYD LIGHT

旧世代のWRAYCAM(Gシリーズ・Fシリーズ)および現行のWRAYCAM(EL・VEX・NOA・ALASKA・CIXシリーズ)、並びに現行のFLOYD-2・FLOYD-2AではWraySpectを使用できません。

2. WraySpectでの較正(キャリブレーション)手順

WraySpectでの較正について、以下手順に沿ってお試しください。

2-1. 顕微鏡に使用するカメラを接続する

前述の対象カメラ機種を顕微鏡に接続し、WraySpectを起動します。

WraySpectのインストールを済ませていない場合は、以下の取扱説明書5~11ページの手順に沿ってソフトウェア・ドライバをインストールしてから本記事をご覧ください。

WraySpect取扱説明書(PDF)

WraySpectを起動したら、較正後に計測を行いたい対物レンズ倍率・撮影解像度に設定します。

2-2. 対物ミクロメーター・定規等を用意する

較正(キャリブレーション)は、「ソフトウェアに実サイズの情報を与え、撮影像の1ピクセルがどのサイズに相当するか」という設定を行います。

そのため、対物ミクロメーター等、実サイズが確認可能であるものが必要となります。

WRAYMERで取り扱っている対物ミクロメーターです。1目盛当たり0.1mm(100μm)・0.01mm(10μm)での較正に利用できます。

実体顕微鏡のような、対物倍率2~5倍程度の低倍率な顕微鏡を使用する場合であれば、金属製定規のようなmm単位のものでも較正は可能です。

2-3. 目盛が映った静止画を撮影する

対物ミクロメーターを顕微鏡にセットし焦点を合わせたら、出来るだけ多くの目盛が画面内に移るように目盛の位置を調整し、静止画を撮影します

上記画像のように、長辺側に目盛が入るようにすると良いでしょう。静止画の撮影フォーマットには特に指定はありません。

この時、撮影解像度が計測に使用したい設定値になっているか必ず確認してください。
静止画解像度と計測に使用する解像度が異なっている場合(例:静止画解像度が2040x1528、計測時のプレビュー解像度が1016x720など)、1ピクセル当たりの実サイズに齟齬が生じるため、正しい計測結果が得られなくなります。

2-4. 撮影した静止画を使用して較正を行う

静止画の準備が出来たら、計測ツール内のキャリブレーションアイコンをクリックします。

キャリブレーションウィザードが開いたら、画像読み込みボタンをクリックし、撮影した静止画を読み込みます。

静止画を読み込んだら、スケール計測開始ボタンをクリックします。

画像上にマウスカーソルを移動させると、カーソルが十字に変化しています。

この状態で、出来る限り長い2点をクリックして較正を行います。「A」をクリックし、Aから伸びる線が水平になるよう注意しながら「B」をクリックします。

A⇔Bの2点間に較正用の直線が引かれたら、「C」を入力していきます。

  • スケール名…任意の名前を入力します。使用した対物レンズ倍率(10x等)を入力しておくと、複数倍率で較正値を使い分ける際に便利です。
  • 長さ…実際の長さを入力します(上画像の場合は800µm)。後述の単位に合わせた数値になるよう注意しましょう。
  • ピクセル数…A⇔B2点間のピクセル数が自動的に入力されています(手入力不可)。
  • 単位…計測値の単位(mm・µm等)を選択します。

入力後、終了ボタンをクリックすると較正値が保存されます。

設定した較正値を使用して計測を行う

較正値を設定したら、実際に計測を行ってみましょう。

計測ツール内のキャリブレーション設定アイコンをクリックし、先ほど設定した較正値を選択、設定読み込みボタンをクリックして較正値を適用させます。

較正値が適用された状態で各種計測ツールを使用することで、任意箇所の実サイズを計測することが出来ます。

顕微鏡 顕微鏡用カメラ

コメント