22. 既知の問題

MicroStudio UserManual

MicroStudio1.2に関して、現在以下の問題点が判明しております。

フレームレート表示の問題

◆ビデオフォーマット“H.265”を使用して撮影した動画ファイルにおいて、プロパティ上でフレームレートが0と表記される問題を確認しています。

ビット深度12bit設定時の機能制限について

◆ビット深度12bitの画像では、以下の機能が使用できないことを確認しています。

・モノクロ化 ・コントラスト重視のモノクロ化 ・画像寸法
・明度/コントラスト ・カラー ・HMSbit
・曲線 ・色抽出 ・自動階調
・自動コントラスト ・クロップ ・ヒストグラム
・スティッチング ・フォーカススタッキング ・HDR合成
・蛍光画像合成 ・自動カウント ・カラートーニング
・フィルタ ・表面プロット ・範囲
・バイナリ ・回転(90度、180度、270度、任意の角度)

録画中のプレビューフレームレートの低下について

◆以下の条件下では、録画中にプレビューフレームレートが低下する問題を確認しています。
・WRAYCAM-NOA2000 解像度5440 x 3648
・WRAYCAM-NOA2000 解像度2736 x 1534
・WRAYCAM-NOA2000 解像度1824 x 1216
・WRAYCAM-NOA630 解像度3072 x 2048
・WRAYCAM-VEX230M 解像度1920 x 1200
・WRAYCAM-VEX120 解像度1280 x 960
・WRAYCAM-EL310 解像度2048 x 1534
・WRAYCAM-ALASKA 解像度2748 x 1092
・WRAYCAM-CIX2000 解像度5440 x 3648
・WRAYCAM-CIX2000 解像度4096 x 2160

FLOYD-2/2A・FLOYD-4Kの静止画・録画ボタンがグレーアウトする問題について

◆FLOYD-2/2A/4KをWi-Fiルータ経由でパソコンと無線接続して使用する際、パソコン上のソフトウェア(MicroStudio1.4)を起動した状態でカメラ本体の電源OFF→電源ONと操作した場合、静止画・動画撮影が出来なくなる問題を確認しています。

MicroStudioの次回アップデートにて解決予定ですが、この問題はカメラ本体の電源をONにした状態でMicroStudioを起動する(MicroStudioを起動中にカメラ電源をOFFにしない)ことで回避可能です。症状が発生した場合には、ソフトウェアを再起動してください。

イメージスタッキングが正常に動作しない問題について

◆MicroStudio1.4にて、イメージスタッキング(動画内のフレームを合成し低ノイズ静止画を生成する機能)の実行時、起動に失敗する問題を確認しています。

クイック保存時にソフトウェアが強制終了する問題について

◆MicroStudio1.4にて、撮影フォーマットを「RAW」に設定した状態でクイック保存を行うと、ソフトウェアが強制終了してしまう問題を確認しています。

RAW撮影時は、クイック保存ではなく静止画撮影ボタンをご使用ください。

デジタルビニング時に撮影した静止画に効果が反映されない問題について

◆MicroStudio1.4にて、プレビュー解像度と静止画解像度を異なる解像度に設定した状態で、デジタルビニング機能を使用し静止画を撮影するとデジタルビニング機能による感度上昇の効果が得られない(プレビュー像よりも静止画が暗くなる)問題を確認しています。

デジタルビニング機能使用時は、プレビュー解像度および静止画解像度を同値にしてご利用ください。

 

https://www.wraymer.com/camera/index.html

顕微鏡 顕微鏡用カメラ

コメント