7. 編集

MicroStudio UserManual

7.1切り取り

“編集>切り取り”は以下の場合に使用できます。
a) 画像の上に重ねられている一つ以上のオブジェクトが選択されている時
b) ブラウズウィンドウにて一つ以上の画像が保存されている時

7.1.1 オブジェクトの切り取り

オブジェクトを選択する方法については“測定>オブジェクトの選択”、 ms_00470.jpg又は“編集>全て選択”を参照してください。
“編集>切り取り”コマンドを使用すると選択されたオブジェクトをコピーし、元の場所から削除することができます。
切り取ったオブジェクトは“編集>貼り付け”コマンドで他のウィンドウの画像情報の上に貼り付けることができます。

7.1.2ブラウズタブ上での切り取り

ブラウズタブが開いている時に“編集>切り取り”コマンドを使用すると、タブ内でファイルを切り取ったり貼り付けたりすることが可能です。

※切り取りコマンドを使用して静止画などの一部を切り取ることはできません。

7.2コピー

“編集>コピー”コマンドを利用すると選択されたオブジェクトや画像をコピーし、他のタブ等に貼り付けることが可能です。

※オブジェクトが選択されている場合、または現在選択されているレイヤが背景レイヤの場合にコピーコマンドが使用できるようになります。

7.2.1背景レイヤの選択された範囲をコピーする

1.ツールバーの画像選択ボタン を使用し、画像の一部を選択します。“編集>コピー”コマンドが使用可能になります。
2. “編集>コピー”コマンドを選択すると選択された範囲がクリップボードにコピーされます。

7.2.2計測レイヤからオブジェクトをコピーする

計測コマンドを使用し作成された計測レイヤのオブジェクトをコピーするには“計測>測定対象を選択”を使用するか、オブジェクト選択ボタン を使用します。

複数のオブジェクトを選択する方法は二つあります。

1.作成されたオブジェクトの上にマウスカーソルを移動すると交差した両矢印に変化します。マウスカーソルが変化した状態でクリックするとオブジェクトを選択することができます。複数のオブジェクトを選択したい場合は他のオブジェクトの上でマウスカーソルが変化した状態 でShift+左クリックします。

2. マウスカーソルを画像上に配置しクリックしたままドラッグすると四角形を作画することができます。マウスボタンを離すと、この破線で示された四角形の中にあるオブジェクトが全て選択されます。

一つ以上のオブジェクトが選択された状態で“編集>コピー”を選択すると、それらのオブジェクトがクリップボードに保存され、貼り付けコマンドで使用することができるようになります。オブジェクトは同じタブ内のレイヤに貼り付けることができます。ただし、背景レイヤにオブジェクトを貼り付けることはできません。

レイヤについての詳細は8.“ビュー>サイドバー>レイヤ”または14.レイヤを参照してください。

7.2.3ブラウズタブでのコピー

ブラウズタブ上で選択しているファイルを“編集>コピー”でクリップボードに保存することができます。クリップボードに保存されたファイルは他のディレクトリに貼り付けることができます。

※“編集>コピー”によって画像をコピーした場合画像の上に重ねられているオブジェクトもコピーされます。
オブジェクトをコピーした場合、他のタブの背景レイヤ以外のレイヤにのみ貼り付け可能です。

7.3貼り付け

a)クリップボードにオブジェクトが存在し、選択されているレイヤが背景レイヤではない場合、またはb)ブラウズタブ使用中でクリップボードに画像ファイルが保存されている時、
貼り付けコマンドを使用しオブジェクトを貼り付けることができます。

7.3.1オブジェクトの貼り付け

a)クリップボードにオブジェクトが存在し、選択されているレイヤが背景レイヤではない場合、“編集>貼り付け”コマンドを選択すると、現在アクティブなレイヤにクリップボード上のオブジェクトを貼り付けます。

7.3.2ブラウズタブ上の貼り付け

b)ブラウズウィンドウ使用中でクリップボードに画像ファイルが保存されている時“編集>貼り付け”コマンドを選択すると開かれているディレクトリにファイルを貼り付けます。

7.4ショートカットの貼り付け

ファイルのショートカット(*.ink)をブラウズタブで貼り付ける際に、貼り付け先のディレクトリにすでに同じファイルのショートカットが存在する場合、以下のダイアログが表示されます。

ダイアログでショートカットを重複して保存するか、キャンセルするかを選択します。

7.5削除

“編集>削除”コマンドは選択されたファイルまたはオブジェクトを削除します。

7.6画像選択

“編集>画像選択”コマンドを使用することで画像の任意の範囲を選択し、コピーすることが可能になります。

“編集>画像選択”コマンド選択中はマウスカーソルが十字状に変化します。クリックしたままドラッグすることで四角形状に画像を選択できます。四角形の四隅と辺の中央にある小さい四角形をクリックし、ドラッグすることで選択領域の大きさを変更することができます。

7.7全て選択

7.7.1背景レイヤを全て選択

動画/静止画タブが開かれており、背景レイヤが選択されている時に“編集>全て選択”コマンドを選択すると、背景レイヤを選択します。

7.7.2オブジェクトを全て選択

プレビューや静止画タブが開かれており、背景レイヤが選択されていない時に“編集>全て選択”コマンドを選択すると、選択されているレイヤに存在する全てのオブジェクトを選択します。

7.7.3ブラウズタブで全て選択

ブラウズタブで“編集>全て選択”コマンドを選択すると、現在開かれているディレクトリ上の全てのファイルを選択します。

7.8選択を解除

“編集>選択解除”コマンドを使用すると現在選択されているROI、計測結果、ブラウズタブ内の画像、参照ウィンドウ内のファイルの選択を解除します。

 

7.9ディープコピー

プレビュー像や撮影した静止画等、タブに表示された画像をクリップボードにコピーし、他のソフトウェア(Word・Excel・ペイント等)に貼り付けることが出来ます。

 

顕微鏡用高精細USB3.0デジタルカメラ|WRAYCAM-NOA|レイマー顕微鏡オンラインショップ
顕微鏡用デジタルカメラWRAYCAMのハイエンドシリーズ。ハイスペックな12bit画像処理エンジンを搭載したUSB30顕微鏡用カラーデジタルカメラ「WRAYCAM-NOA」。広いダイナミックレンジと高い色再現性で、顕微鏡を覗いたそのままの像を映し出すことが出来る顕微鏡カメラです。顕微鏡・関連用品はレイマー顕微鏡オンライ...
顕微鏡 顕微鏡用カメラ

コメント