16. オプション

MicroStudio UserManual

16.1設定

設定には7つの項目があります。

16.1.1クイック保存

クイック保存の際の保存先、フォーマット、設定などを設定します。

○保存先:クイック保存で利用するフォルダを選択します。パス名を入力またはブラウズ機能でフォルダを選択します。
○ファイル名の形:ファイルの命名則を指定します。年月日時分秒フォーマットまたはnnnn(順序)フォーマットから選択することができます。年月日時分秒フォーマットでは画像が作成された日時をファイル名に使用します。この際同じ秒に複数の画像が作成されていた場合、(xx)という形で通し番号がファイル名の最後に追加されます。nnnn(順序)フォーマットでは通し番号をファイル名として順番に保存します。
○プレフィックス:ファイル名の先頭に追加されるプレフィックスを選択することができます。ファイル管理用の語句を自由に入力することができます。
○ファイルの種類:ファイルを保存する際のフォーマット(BMP, JPG, PNG, TIF)を選択します。オプションボタンを選択することで保存する際の設定を一括で変更することができます。オプションについては“6.5名前をつけて保存”を参照してください。
○サンプル:上記命名則に従ったファイル名のサンプルが表示されます。
○名前の変更ダイアログを表示:チェックされている場合、クイック保存ms_03510.jpg する際にここで指定した命名則に従ったファイル名から任意のファイル名に変更するダイアログを表示します。

16.1.2 クイック録画


“オン”選択時は、録画ボタンをクリックすると同時に録画が開始されます。
“ファイル名のオプション”に従って、動画のファイル名が設定されます。
保存先は“ディレクトリオプション”に従います。
その他の項目(ビットレートやコーデックなど)は、クイック録画を使用せずに録画した時の設定が適用されます。

 

16.1.2.1 ファイル名のオプション

ファイル名の形:自動的に付与される動画ファイル名の形式を選択します。選択は以下の通りです
yymmddHHMMSS:年月日時分秒(例:180731120555.jpg)
yyyymmddHHMMSS:年月日時分秒(例:20180731120555.jpg)
yy-mm-dd-HH-MM-SS:年月日時分秒(例:18-07-31-12-05-55.jpg)
yyyy-mm-dd-HH-MM-SS:年月日時分秒(例:2018-07-31-12-05-55.jpg)
nnnn(順序):連番(例:0001.jpg)
※初期設定では“yymmddHHMMSS”が設定されています。

プレフィックス:動画ファイル名の頭に共通のタームを付与します。

16.1.2.2 ディレクトリオプション

保存先:“ブラウズ”より、動画ファイルの保存先フォルダを選択します。
サブフォルダ:選択したフォルダに動画ファイルを直接保存するのではなく、サブフォルダ内に保存する場合に選択します。

 

16.1.2ファイル

ブラウズタブでフォルダを閲覧する際に表示するファイルのフォーマットを設定します。
拡張子と略称の一覧が表示されており、ブラウズ欄のチェックを外すと指定したフォーマットを非表示にします。
設定ボタンで選択したフォーマットで名前をつけて保存する際のオプションを設定できます。

16.1.3 レポート

“ファイル>Microsoft Word Report”使用時に自動的に生成されるレポートのテンプレートを編集します。

 

16.1.4印刷

印刷の際のページヘッダとフッタを設定します。

ヘッダとフッタについては以下の関数を適用できます。
・&f :ファイル名
・&p:現在のページ番号
・&P:全てのページ数
・%c:年(西暦)/月/日/時間/分/秒
・%x:年(西暦)/月/日
・%X:時間/分/秒
・%y:年(00 – 99。西暦の下2桁)
・%Y:年(西暦)
・%B:月名
・%b:月名(数字のみ)
・%m:月(01 – 12)
・%A:曜日名
・%w:曜日(0 – 6。日曜日が0)
・%d:日(01-31)
・%H:時間(00-23)
・%I:時間(01-12)
・%M:分(00 – 59)
・%S:秒 (00 – 59)
・%j:1年間の内の何日目か(001-366)
・%U:1年間の内の何週目か (00-53。日曜日を週初めとする)
・%W:1年間の内の何週目か (00-53。月曜日を週初めとする)
・%p:午前/午後
・%z %Z タイムゾーン名
・%%:「%」を表示させます
○計測項目を印刷します:チェックすると、画像に重ねて表示されている計測項目オブジェクトも印刷します。
○計測テーブルを印刷します:をチェックすると、画像の計測テーブルも印刷します。
○計測テーブルを印刷する際のページ設定:常に新しいページにする、新しいページにしない、オートから選択できます。
○フォント:データを印刷する際のフォントを指定します。

 

16.1.5グリッド

グリッドの形式について設定します。
“ビュー>グリッド>設定”と同じ項目です。

○グリッドのスタイル:グリッドなし、オートグリッド、マニュアルグリッドから選択できます。
※マニュアルグリッドを選択すると縦横のルーラにそれぞれ二つ矢印が表示されます。これらの矢印をルーラ上で操作する事で任意の場所にグリッドを表示する事ができます。マニュアルグリッドを非表示にするには“グリッド>グリッドなし”を選択します。この操作で非表示になったマニュアルグリッドはグリッド>マニュアルグリッドを選択する事でもう一度表示する事ができます。
○線のスタイル:直線、破線、点線、点破線等の線のスタイルを選択できます。
○線の色:グリッドの線の色を選択できます。デフォルトの色は赤(255,0,0)です。

 

16.1.6 カーソル

静止画やプレビュータブに表示されるカーソルについて設定します。
○十字:水平方向、垂直方向:なし、あり、二重線(1 ピクセル)、二重線(3 ピクセル)、二重線(5 ピクセル)、二重線(7 ピクセル)、二重線(9 ピクセル)から選択できます。
○カーソル:なし十字カーソル、点カーソルから選択できます。

以下の例では十字線なし、十字カーソル表示、となります。

16.1.7 キャプチャ

静止画キャプチャについて設定します。

○マーカと透かし付きのキャプチャ:キャプチャの際にマーカと透かしを含めます。
○グリッドを含めてキャプチャする:静止画内にグリッドを含めます。
○計測付きのキャプチャ:キャプチャの際に計測結果を含めます。
○印刷解像度:静止画の印刷解像度(DPI)を設定します。

 

16.1.8 その他


その他ユーザーインターフェースについての設定などを行います。
○起動時にスプラッシュウィンドウを表示する:MicroStudio起動時に現れるスプラッシュウィンドウの表示/非表示を切り替えます。
○プレビュー時または撮影時はスクリーンセーバーを起動しない:チェックを入れると、カメラ使用時にスクリーンセーバーが起動しなくなります。
○ホワイトバランス:ホワイトバランスの調整方法を選択します。“色温度/色調”、“/RGBゲイン“の2種類があります。
○ファイル形式:静止画において、計測結果を保存できないファイル形式の場合に通知します。
○温度の設定:WRAYCAM-ALASKA・WRAYCAM-CIX用。カメラの温度表示を摂氏/華氏から選択します。
○サイドバー:サイドバーの表示に関する設定を行います。
○指定したプログラムで開く:画像閲覧/編集のプログラム(PhotoShop等)を指定します。“ファイル>外部プロセス”によって、指定したプログラムを用いて撮影した静止画を開きます。。
○UIスタイル:ソフトウェアのユーザーインターフェースを選択します。
○言語:ソフトウェアの言語を選択します。
○GPUによるアクセラレーションを有効にします:ご使用のパソコンにIntel(R) HD Graphics520またはGeForce 930Mが搭載されている場合に選択して下さい。プレビュー表示時や録画時に、より滑らかな映像を得ることができます。
○プライバシー:ファイルの表示履歴等に関する設定を選択します。
○ファイル形式:レイヤ情報(計測データ・較正情報)が保存されない.bmp形式での画像保存時にアラートを表示させたり、クイック保存等で.bmpを使用可能に設定することが出来ます。
※スティッチング・ライブフォーカススタッキング・タイムスタンプの設定については各機能の項をご参照ください。

○自動露出:自動露出設定にて撮影を行う際、露出時間・ゲインの優先劣後ポリシーや上限値を設定できます。

露出時間とゲインの設定は画像の明るさに影響します。露出時間を長くすればより明るい画像になりますが、フレームレートは低くなります。ゲインを高くすると明るい画像になりますが、画像のノイズが増加します。各設定の詳細は下表をご参照ください。
自動露出
ポリシー 詳細
露出のみ 自動露出設定で撮影中、露出時間のみが調整されます(ゲインは調整されません)。
フレームレートの高さより低ノイズな画像を撮影したい場合に適しています。
露出優先
(初期設定) 自動露出設定で撮影中、露出時間とゲインの両方が調整されますが、露出時間が優先的に調整されます(最大露出時間の設定時間まで露出時間を上昇させた後、明るさが不足する場合はゲインを上昇させます)。 ※初期設定として設定されています。
ゲインのみ 自動露出設定で撮影中、ゲインのみが調整されます。露出時間を短くすることで高いフレームレートを得やすくなるため、画質よりも映像の滑らかさ・追随性に重点を置く場合に適しています。
ゲイン優先 自動露出設定で撮影中、露出時間とゲインの両方が調整されますが、ゲインが優先的に調整されます(最大ゲインの設定時間までゲインを上昇させた後、明るさが不足する場合は露出時間を上昇させます)
最大露光時間 自動露出設定の露出時間の上限を設定します。初期設定値は100msです。
最大ゲイン 自動露出設定のゲインの上限を設定します。初期設定値は1500です。※カメラ機種によっては上限値が低い場合があります。
しきい値 精度の高い自動露出のために使用されます。例えば、しきい値を5に設定しておき、任意の明るさを得るために露出時間が約120必要な場合、自動露出では115ms-125msの範囲の露出時間で調整をストップします。同じ条件でしきい値を10に設定すると110ms-130msの範囲の露出時間で調整をストップします。しきい値が小さすぎるとすぐに調整が始まり、自動露出が安定しません。初期設定が多くのアプリケーションで推奨されます。

16.2計測

計測メニューには以下の内容が含まれます。

16.2.1一般

○計算結果を保持:計算する際に使用する小数点の桁の値を小数点以下1〜6桁の間で設定します。デフォルトは2桁です。
○フォントサイズを表示:ラベルのフォントサイズを5〜15の間で設定します。デフォルトは15です。
○カラーを表示:ラベルのフォントの色を設定します。デフォルトは赤です。
○単位を付けて範囲を表示:チェックするとオフジェクトを表示する際に寸法などの単位が表示されるようになります。
○名前とともに表示:チェックするとラベルに任意のプレフィックスが表示されるようになります。個別のオブジェクトに指定するプレフィックスは測定サイドバーから設定できます。

○計測結果に自動で名前を付ける:計測結果の名前として、自動的に投資番号を振ります。

 

16.2.2長さの単位

測定結果などのオブジェクトやその他表示に使用される長さの単位を指定することができます。

使用できる単位の一覧が表示されます。現在チェックボックスより使用する単位を選択します。
リストの縮尺欄にはその単位の1mに対する比率が表示されます。例えばμmの場合、1000000μmで1mなので、縮尺は1000000になります。
追加を選択するとユーザー自身で単位を追加することが可能です。縮尺を設定することで、オブジェクトなどの表示を任意の単位に変更することができます。

16.2.3角度の単位

測定結果などのオブジェクトやその他表示に使用される角度の単位を指定することができます。ラジアン、度数、πより選択可能です。

16.2.4シート

“ビュー>計測シート”で表示される項目を選択することができます。

計測シートに記載されている順番を変更するには変更したいデータをクリックし、上下矢印を表示します。対応する矢印をクリックすることで順番を変更することができます。

個別のデータのチェックボックスを外すと計測シートの一覧から除外することができます。

初期設定をクリックすると計測シートをMicroStudioの初期設定にもどします。

カスタムオブジェクト・カスタム列等の項目から、特定の用途に合わせた計測機能をカスタマイズすることが出来ます。
※カスタマイズにはスクリプト言語を使用しますが、プログラミング・スクリプト作成については弊社のサポート対象外となります。

16.2.5計測結果

計測結果の表示構成を変更することができます。
楕円、直線、点、長方形、多角形、平行線、垂直線、円、弧、同心円、二つの円、平行線それぞれに線の色や太さなどを変更する項目が用意されています。

初期設定を選択するとすべての設定を初期設定に戻します。

 

16.3スケール

計測に使用するスケールを変更することができます。
以下の例では10x、40xのスケールが設定されています。

各スケールに対して解像度値が設定されていることがわかります。
ダイアログ右側の削除ボタンで設定した倍率を削除することができます。
“すべてをクリア”を選択すると設定した値すべてを削除します。
倍率の解像度データを保存するにはエクスポートを選択します。
保存した倍率の解像度データを読み込むにはインポートボタンを選択します。

 

16.4較正

計測機能を利用するための較正を行います。
1.MicroStudioを起動します。
2.カメラを顕微鏡とパソコンに接続します。
3.カメラを起動します、
4.例えば10xで較正を取る場合、まずは顕微鏡の対物レンズをx10に切り替え、対物ミクロメーターを視野の中央に置きます。

対物ミクロメーター(別売)
5.オプション>較正またはツールバーの ボタンを選択します。ピクセル数と0.000μmとラベルされた赤色の線が表示され、同時に較正ダイアログ表示されます。

6. “スケール名“に、この較正の名称を入力します。ボックスから対物レンズの倍率を選択するか、任意の名前を付けます。
7. ”実際の長さ”には、較正で利用可能な対物ミクロメーターの目盛り間の長さを入力します。(上図のように、対物ミクロメーターの目盛りAからBまでを使用する場合は、対物ミクロメーター45目盛り分の実際の長さを入力します)。
8. 次にAB間の長さに相当するピクセル数を取得します。赤い線の端をドラッグして対物ミクロメーターのABの目盛りに一致させます。対物ミクロメーターの目盛り自体幅があるので、目盛りの幅の中央に一致させるようにしましょう。OKを選択する較正が終了します。

9.較正が完了すると較正した対物レンズの倍率において画面に表示されている対象の大きさなどの測定が正確に行えるようになります。

※異なる倍率の対物レンズを使用する場合は上記の手順をもう一度行い、倍率ボックスに対物レンズの倍率を入力します。
※計測を行った画像は、較正データが画像ファイル自体に保存されるため、別のコンピュータで画像ファイルを開いた際にも計測結果の削除や再計測を行えます。
※MicroStudioではカメラの解像度を変更すると較正値も自動的に変換されるので、計測結果には影響しません。

 

16.5染料リストの編集

染料リストは“プロセス>カラー合成”で使用します。染料リストの編集では既存の染料に関するデータを変更したり、新しい染料をリストに追加することができます。染料リストの一覧(MicroStudio.dye)は C:/Program/Files/WRAYMER/MicroStudioに保存されています。

染料リストの編集ダイアログボックスでは、染料の名前、励起波長、蛍光波長を入力することができます。
○染料の名前:ドロップダウンメニューを選択すると現在登録されている染料の一覧が表示され、編集する染料を選択することができます。
○励起波長 :染料の励起波長を入力します。
○蛍光波長:染料からの蛍光波長を入力します。
○色:色ボックスには入力された蛍光波長に対応する色が自動的に表示されます。カラー合成に使用する色を変更したい場合はボックスを選択し、色ダイアログから任意の色を選択します。

○新規:新しい染料を追加する場合は新規ボタンを選択します。染料の名前を入力し、励起波長、蛍光波長、色を選択します。

16.6自動修正

自動階調や自動コントラストで除外されるピクセルの割合を設定します。
デフォルト設定ではこの機能は全体の内、最も暗い0.5%と最も明るい0.5%のピクセルを除外します。

 

https://www.wraymer.com/camera/wraycam-noa.html

顕微鏡 顕微鏡用カメラ

コメント